So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
テノーミン錠

始まりと終わり [宝物]

目を覚ませば新しい一日が新しい朝と共に始まる

朝日.jpg


その朝が最高な一日のはじまりであろうとも最悪な一日であっても生まれてきた私たちには皆、平等にやってくる

どんなに権力、地位 名誉 富があっても一日の時間は24時間しかありません

特別に25時間、いや24時間一分だってありません

生まれてきた命しか命の尊さを感じられることはできない

明日、必ず生きている保証や確約もない

限りなく明日も生きていられると言うだけで必ず明日を迎えられる訳でもない

大切な仲間、家族、身内と

「また会おう」 「一週間後」 「また明日」

何気なく交わした約束

その一つ一つすら必ず守れるか解らない

私たちはその中で生きている

いや

生かされているのかもしれない

どんなに最悪な、どうにもならない事があっても命を放棄してはならない

どんなに最悪な一日でも必ずその一日は終わる

空を暁色に染めながら

夕焼け.jpg

どんなに激しく降り続ける雨が止まないことがないように

暗闇が永遠と続くトンネルがないように必ず光りの指す場所はあるはずです

二度と戻ることのない一日

生きている中で過ぎ去っていく戻らない時間

それは今も過ぎている時間

明日もまた新しい一日を迎えられたら

「おはよう」

と、声を発して新しい一日を迎えたいですね

最後まで読んで頂きありがとうございました

                                      takatora
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

曇りのないもの~忘れかけた記憶~夢 [宝物]

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます!(^^)!
c2fdc7fe62846f8c6f74653c51d2e595_s.jpg

晴れている時の空はいつみてもきれいなものです。忙しい毎日や仕事に追われる日常などでいつの間にか「空を見上げる」と言う事がなくなってしまっている気がします。
子供の頃公園や河原など行ったときに大の字になって空を見上げた事。幼い頃誰しも一度は経験あるかと思います。

どこまでも続く無限の空。手をかざしても勿論掴むことも触る事もできません。
遠い高い遥か彼方にある空。空を見上げながら将来の夢などを強く思った事もありました。
夢を叶えて必ずこういうふうになる!!
その気持ちは穢れもなく、曇る事もない希望に満ち溢れていた宝物だったと思います。

ですが成長するにつれ人は変化していきます。勿論当たり前ですが心も全て。
いずれ学生から社会人になります。毎日仕事に追われせかされるように毎日は過ぎていきます。
ある日それは天気のいい日でした。ふと、空を見上げます。曇りのない大空が広がっています。

遠い昔に同じような感覚が・・・。幼い頃友達と暗くなるまで毎日遊んで、何も不安もなかった時の事を思い出します。
友達と見上げた空はあの時と変わらずに蒼い空です。将来の夢など色々と友達と話しもしました。
現実的ではなく希望に満ち溢れていた輝かしい頃「時」です。

空は変わっていません。その青さも変わらずあの頃のまま。
変わってしまったのは自分自身だと気がつきます。そして何か大切な物をどこかに置いてきてしまいます。
夢と言うキラキラ輝いていた「宝物」です。

私は虚無感になり涙が自然とでました。悲しい、悔しい。怒りとは違い、儚い気持ちで一杯です。
欲しいものはお金があれば手に入ります。これは大人の考えです。しかし幼い頃もっていた大切な夢や希望、「宝物」はどうでしょうか?どんなにお金と言う物をつぎ込んでもつぎ込まれてもその時にいだいていたものを取り返す事はたやすくできません

言葉がでません。切ない気持ちです。大人になれば現実と言う厳しさを思い知らされます。考え方も変わり知らず知らずの内に大人になります。
生活がどんなに充実していても何か物足りないと感じたときはきっとその代償として大切な「何か」を忘れてきてしまっているのかもしれません。

私は最近よく空を見上げます。相変わらず空は高いです。ですが幼い頃に描いた「夢」は今も手放してはいません。
青い空。
「青」は私の中で「自由な色」です。どこまでも続く自由な空。誰よりも空はいつでも見守っていてくれる感じがします。目をつぶると昔の自分に逢えるような感じもします。

ここまで読んで頂きありがとうございました




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感